2005年 03月 19日

最近食べられるようになったもの。

大人になるまで大嫌いだったもの、その名はレーズン。
小学生の時、レーズンパンが給食で出ると
レーズンの部分だけちぎって食べてました。
そんな私が少しだけレーズンが食べられるきっかけになったのは
東背振にあるパン屋『せふりの』の野生のパン。

今となっては「どっちの料理ショー」に出たりもして超有名な店。
私が知ったのは、今から8年近く前、期間限定で
イムズのB1Fに小さく出店してた頃。
その時食べた「野生のパン」に細かくしたレーズンが入ってて
その豊かな風味にぎょえ~と衝撃を受けたのでした。
悲しい事に、野生のパンはここ4,5年は作られてないのです。

先日ムーンテーブルで買ったレーズンと白無花果をラム酒に漬け込み
早速今日も朝からパン作り。
全粒粉を30%混ぜて、噛み締めて味のあるパンが出来ました。
d0000924_20173152.jpg

[PR]

by yucco-san | 2005-03-19 20:18 | bread&sweets


<< 地震の中でランチ      豆!まめ! >>